BLOG

ブログ

ブログ



社員の教育不足は確実に杜撰な工事になる〜有限会社 NiTTAH〜

2020/05/19

本日も感謝致しまして。
毎度ありがとうございます。
いつもお世話になります。
有限会社 ニッターです。

本日は岐阜県羽島市にてシロアリ調査を行なっています。
過去に羽アリが出たため一度処理を行なったそうですが、保証期間が満了したため再度床下の確認をしました。
床下での新たなシロアリ発生はありませんでした。

以前、シロアリ被害があった床柱の辺りでは進行方向からの見た場合には何ともありませんが、裏側を確認しましたら、前回の処理で壊し忘れた蟻道がくっきりと残っています。あまり経験の少ない方のシロアリ工事ではよく見かける見落としの工事になります。

最近では薬剤の効果が高くなっているため、あまり経験のない方が薬剤散布してもシロアリ駆除ができる傾向にあります。
社員が全員退職してしまい人手不足に陥った同業者の案件調査や再処理を当社にて担当していますが、その会社の元従業員さんが行った図面作成や工事内容のレベルはあまりにも低すぎて話になりません。
当社の報告書を出して比較してもらったところ、当社の報告書は内容が細分化されているため、いかにその会社の元従業員が杜撰な工事をし教育不足の体制にあったかを社長は嘆いていらっしゃいました。
建物の図面も描けず工事しているようでは床下の見落としも多いのは当然だと思いますが、その会社だけが悪いのではなく、元従業員も自分の親方から教えてもらうあるいは習う姿勢になかったのだろうと推測します。
人がやった仕事を手直しするのはとても困難な仕事です。どの職種もそうだろうとは思いますが、社員の教育不足は確実に杜撰な工事を招きます。手直し仕事も当社にしかできない仕事だと思い協力して取り組んでおります。

〜次世代の子どもたちのために当社が出来ることを全力で〜

当社ブログはウェブ上の資産です。無断でSNSへの貼り付けやインターネット上での転載はかたくお断り申し上げます。